小さい声

ここの一騒動を見ました。やはりいろんなコメントをする人がいるんですね。でもそんな全ての人が納得するコメントなんて返せないでしょう。人にコメント求めるよりも、人の所を借りないで自分自身で主張できる環境を用意して自分の思っていることをアピールするのが大人じゃないの?親の陰に隠れて相手の悪口言ってる子供と同じですね。そんな小さい声じゃ相手に届かないでしょう。

ここでも自分の発言には責任は持ちますが、その発言が気に入らないと言われても自分の思っていることを言っているから基本的に修正はしません。大きい声で言ってくれた人とは向き合って、自分の考えに取り入れたいと思います。

書きたいことも書けなくなっちゃうならこんなblogやってる意味ないです。
書きたいことを楽しく書きましょう。

こんな騒動の中、FMBHのデイリーランキングにランキングされたり、この記事にアクセスが集中したり、個人的にも大騒ぎ。おかげでこんなこと書いてたらもう朝になってしまいました。それでは、おやすみなさい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2004年11月26日 21:54
書きたいことを書くのはいいですが、
ネットで全世界に向かって発信している以上、
時には批判を受けるのは当たり前のことですよね。
そんな覚悟すらない人はブログなどやるべきではないのは
もちろんのこと、ネットでは受身に徹したほうがいいでしょう。
それこそ、チラシの裏にでも書けばいいんです。
じゃなかったら、パスワード制にでもして、批判も注意も
忠告もしない、なあなあの「お仲間」だけを招待すればいいんです。

そのトラックバック先の人は「削除をしない」という点においては
それなりの覚悟はできていると思いますよ。
ただ、自分への批判を真摯に受け止めているとはとてもいえない。
2004年11月26日 21:54
「謝罪要求」するのも自由、拒否するのも自由。
誹謗中傷なら削除するのも自由。
だが、私の見るところの「とても正当な批判」に対しても
沈黙で応えるなら、その態度こそがその人の評価につながります。

それでも、なあなあのお仲間はついてくるでしょうから、
お仲間同士馴れ合う分にはいいと思います。
批判も注意も忠告もないお仲間。それが悪いとは言いません。
ただ、普通は、見えないところでやるものです。

この人の騒動の原因は、お仲間同士の陰口レベルの戯言をネットに
載せて発信してしまったことにあるんですから。
おれ
2004年11月27日 00:05
>人の所を借りないで自分自身で主張できる環境を用意して自分の思っていることをアピールするのが大人じゃないの?

だったらこんなコメント機能停止した方がいいのでは?
小さくても大きくても声は声
2004年11月27日 02:08
概ね上の二名の方に同意です。書きたい事を書くのがBlogだからといって何でも書き散らしていたら、一般常識から外れた場合は批判されて当然ですよね?「マリサポの常識」とかあっても知りません。だって、不特定多数の目に自分の文章を晒しているんですから。批判は書くな、もしくは書かれても都合が悪ければ無視というのであれば、「自分の発言に対する責任」というのは一体なんなんでしょう?責任を持つというなら、まっとうな批判に対しては対応すべきと思います。それが出来ないならコメントなんか求めなければいいんですよ。自分を肯定してくれる人達の集まるぬるま湯の中にいられますから。
あなたに届けたい
2004年11月27日 05:21
ここに書いたコメントはあなたには届かない小さな声なのですか?
Katsumi
2004年11月27日 08:53
コメントいただいた方々への返信が長文になりましたので、エントリーしました。そちらをご覧下さい。
播磨灘
2005年05月18日 14:59
マリサポの常識って何でしょうか?モーオタは社会から忌み嫌われて憎悪の対象になってるから差別的対応をしてはいけないということでしょうか?マリサポでなくてもみんなモーオタ嫌ってるから同じ場所に集めてしまった主催者に一番の問題があるとは思いますが。
2005年05月19日 00:46
播磨灘は何を主張されているのかがわかりにくいのですが、マリサポの常識って言えばコールぐらいでしょう。主催者が集めたかどうかは知らないのですが、警備上一般的に行われることだと思います。

この記事へのトラックバック